フジワラ通信

フジワラ通信

副社長が林外務大臣との車座対話に参加しました

掲載日:2023/02/07
カテゴリ:お知らせ
副社長が林外務大臣との車座対話に参加しました
集合写真
写真提供:外務省

2月5日(日)に林外務大臣が地方の魅力を世界に発信する「地方を世界へ」プロジェクト第3弾として、9か国の駐日外交団と共に岡山県を訪問されました。

その中で開かれた車座対話「岡山を世界へ」に、「働き方改革実践の海外進出企業」として、副社長が参加しました。

岡山を拠点に多様な分野で活躍する方々と、林外務大臣や武井外務副大臣が意見交換を行いました。

↓以下外務省ホームページより引用
”林大臣からは、国際社会に関する現状認識を紹介し、岡山県の方々がウクライナ避難民の受入れ等のウクライナ支援活動に積極的に取り組んでいることに謝意を伝えるとともに、岡山県が観光資源などインバウンド拡大に向けた潜在力を有していること、フルーツを始めとする農産品の輸出が盛んであること等に触れ、外務省としても、日本産品や高度な技術の海外展開及び地方の魅力の発信を通じたインバウンドの拡大を後押しする旨述べました。”

日本経済新聞社主催「スタ★アトピッチJapan」にて決勝大会への進出が決定しました

掲載日:2023/01/17
カテゴリ:お知らせ
日本経済新聞社主催「スタ★アトピッチJapan」にて決勝大会への進出が決定しました
日本経済新聞社主催「第4回スタ★アトピッチJapan」において、当社が決勝大会に進出することが決定しました。

スタアトピッチとは:スタートアップ企業とアトツギベンチャー企業(新規事業などに挑む家業の跡継ぎ経営者、当社はこちら)によるピッチランの全国大会です。

ピッチランとは:事業内容や事業ビジョンについて短い時間でプレゼンテーションすること。今回の大会はプレゼン4分+質疑3分~4分。

昨年11月に開催された各地区ブロック大会において、当社は固体培養技術を核としビジョン実現への挑戦をPRし、出場123社のうち決勝大会進出22社に残りました。

決勝大会は今年2月23日(木・祝)に東京で開催されます。出場者が1月17日の日本経済新聞朝刊全国版に掲載されています。

書籍「妄想と具現」に当社の粉体殺菌技術が掲載されました

掲載日:2023/01/17
カテゴリ:メディア掲載
書籍「妄想と具現」に当社の粉体殺菌技術が掲載されました
イノベーションメディア「知財図鑑」が刊行した書籍「妄想と具現 未来事業を導くオープンイノベーション術DUAL-CAST」に当社の粉体殺菌技術を用いた妄想が掲載されました。

本書は、事業開発者×研究者×クリエイターの共創を促進し、オープンイノベーションで新規事業を生み出すための手法を、新体系「DUAL-CAST(デュアルキャスト)」としてまとめられた一冊です。これまでの共創の成功事例からエッセンスを抽出し、企画・発信・実装まで一連のアプローチを誰もが自社で取り組める実践法としてまとめられています。

日本経済新聞に新製品開発に関する記事が掲載されました

掲載日:2023/01/11
カテゴリ:メディア掲載
日本経済新聞に新製品開発に関する記事が掲載されました
1月11日(水)の日本経済新聞地方版に当社に記事が掲載されました。

小型通気式固体培養装置の開発について取り上げていただきました。
ぜひご一読ください。

当社の障害者雇用事例が紹介されました

掲載日:2023/01/11
カテゴリ:メディア掲載
当社の障害者雇用事例が紹介されました
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページに、当社の障害者雇用に関する記事が掲載されました。

多様性を受け入れる土壌づくり
~組織の制度を構築し、障害者採用と職場定着が進んだ事例~
とのタイトルで、障害者雇用の経緯や取組内容などについてご紹介いただきました。

ぜひご覧ください。