粉体殺菌技術

粉体殺菌技術

加熱殺菌から次世代粉体殺菌装置へ

食品等の粉体原料の殺菌は、商品開発、品質改善、期限延長等においては欠かせないプロセスです。日本では、食品には原則的に放射線照射は認められておらず、加熱殺菌が主流です。この殺菌法は安全ではあるものの、粉体では通常で数秒間(4~5秒)熱を加えるため原料の物性が変わりやすく、食品本来の風味や品質が損なわれる弱点があります。

一方、放射線照射による殺菌は、非加熱殺菌のため原料品質変化は少ないですが、安全面における消費者の不安や抵抗感は根強く、放射性殺菌が認められている国でも躊躇するケースが少なくありません。

フジワラテクノアートの「ソニックステラ」は、従来の課題をすべて解決する次世代粉体殺菌装置です。「加圧水蒸気」と「瞬時減圧」を組み合わせた世界初の殺菌原理を実用化し、0.2秒という極めて短い処理時間で、原料の物性変化を抑え、耐熱性芽胞菌に至るまでの殺菌を可能にしました。また、加熱殺菌に比べ水分変化が小さく、後工程での水分調整が不要です。

従来の殺菌法とは一線を画す新たな殺菌装置が、食の未来を開きます。

Pick up project
粉体殺菌の常識を変えた革新的原理
粉体殺菌技術