醗酵・圧搾・蒸留・精製技術

醸造の質を高める醗酵・圧搾・蒸留・精製技術

 醸造では麴を使用し酵母の醗酵を行う醗酵の工程があります。この醗酵には清酒、醤油、焼酎、味噌等それぞれの制御が必要となり、醗酵後の処理も多岐に分かれます。醤油製造、清酒製造では醗酵した諸味(醪)を絞り醤油または清酒を分離しますが、これに圧搾装置が使用されます。また、焼酎では醗酵後の諸味を常圧或いは減圧下で蒸留することによりアルコールを採取します。こうして得られた醤油、清酒、焼酎はその後酵素失活や清澄化されて製品になります。味噌は諸味自体が製品となります。

 フジワラテクノアートでは、醗酵・圧搾・蒸留・精製についても独自の技術、ノウハウを有し、醸造食品ごとに異なる製造工程にきめ細かく対応。また、醤油・味噌・清酒といった主要な伝統食品だけでなく、自動化が困難な食品や海外の醸造食品についてもご要望に合わせて開発提案いたします。

醗酵技術

品質の向上、省力化、コストダウンのために、醗酵工程において、大幅な醗酵期間の短縮、タンクの大型化等が求められています。生産性の向上を実現する屋外醗酵タンク、有用微生物を活用した酵母・乳酸菌培養装置は、日本で最多の納入実績を誇ります。

◆有用微生物の力で醗酵を促進する「酵母及び乳酸菌培養装置」

製品の味や香りなど品質の向上とともに、醗酵期間の短縮や醗酵タンクの密閉化にも成功。「屋外諸味醗酵タンク」にも適応しており、大型化によるコストダウンや設備の合理化に大きく貢献します。

圧搾技術

じっくり熟成させた諸味から醤油を分離するのが、醤油醸造の圧搾工程。手間のかかる圧搾作業を自動化し、省力化を実現します。特に諸味充填装置には長年の実績と経験に基づいたさまざまな工夫が組み込まれています。

◆「F型諸味圧搾装置」

諸味の充填からろ布の洗濯、脱水、整列及び粕処理までの全行程を完全にシステム化しました。昼夜完全無人で理想的な圧搾が可能です。

[ 受賞 ]
H17.11.食品産業新聞社より「第35回食品産業技術功労賞」(「改良型」F型諸味圧搾装置)

蒸留技術

焼酎の分野で培った蒸留技術。特に本格焼酎造りに欠かせない単式蒸留機は、原料の香味成分が溶け込み、独自の芳香と味わいが得られるとメーカー様からも高い評価をいただいています。

◆本格焼酎、泡盛、ウイスキーなどに対応する「単式蒸留器」

職人の感覚を大切にした設計で、原料の特徴を生かした香り高く味わい深い酒となります。

精製技術

圧搾工程で分離した醤油などを丁寧に濾過し、酵素生活・殺菌のために火入れを行います。醸造製品の総仕上げとなる精製技術に関しても、用途・規模に合わせたさまざまな処理方法を用意しています。

◆「プレート式火入れ冷却装置」

圧搾・濾過を行っても多数の微生物・酵素が存在しますので、製品の変質を防ぐため火入れが必要です。温度管理が難しい火入れ作業とその後の冷却を最適の条件で行うことができます。

株式会社フジワラテクノアート

フジワラテクノアートは、醤油、味噌、清酒、焼酎などの醸造分野で、醸造機械のパイオニア企業として麴づくりの全自動無人化への道を切り開きました。以来、そのオンリーワンの技術力が高く評価され、国内において製麴能力で約80%のシェアを占めるに至っています。
日本の食文化のグローバル化に伴い、世界20数カ国へ製品を輸出。さらに、醸造分野で培ったノウハウを活かし、濾過・粉体殺菌機械を開発。一般食品業界やバイオ業界への取組みを行うなど、卓越したプラントエンジニアリング力で豊かな食の未来を拓きます。