« 検索結果一覧に戻る

製品詳細

本格焼酎 清酒 味噌 醤油

固体培養(製麴)

回転式自動製麴培養装置


盛込から出麴排出まで完全自動、無人化運転


回転式自動製麴培養装置

■ 製品概要

製麴工程は酒、味噌、醤油等の醸造製品を作るうえにおいて、最も重要ものであり、麴の良否によって製品の良否が決定されるといっても過言ではありません。

高品質でしかも低コストの麴を作る決め手は何といっても盛込や手入及び出麴作業に人手を要せず、麴が成長するのに必要な温度や湿度の管理が完全でしかも無人化され、自動的にできるものでなければなりません。

この装置は小容量処理から大容量処理まで、盛込、手入、出麴作業等を完全に機械化したもので、好評を得て最近急速に普及しております。

この装置により完全自動かつ無人製麴で徹底的なコストダウンが可能となり、最高の品質を得るための最適制御をめざすコンピューターシステム(ベクトル制御)を組み入れたものもすでに完成し稼動しています。

また無菌固体培養システムも完成し、実用化の段階に入っています。

■ 特徴

1. 盛込、手入、出麴作業がボタン操作のみで自動的にできる。(コンピューター制御により盛込、手入、出麴排出まで製麴の全工程を完全自動で無人化運転することも可能。)

2. 出麴排出は残量がほとんどなく完全に排出。

3. 盛込は盛込移動コンベア等により行うため盛込原料を押しつけることなく均一に盛込。

4. 手入機は特殊構造の攪拌羽根を採用しているため動力が少なく、培養床面まで完全均一に手入が可能。

5. 装置の細部については食品衛生、微生物学的見地より殺菌、洗浄、掃除がしやすい構造。(自動洗浄装置の取付も可能。)

6. 要部材質はステンレスを使用しているため耐久性にすぐれ、清潔。

■ 関連製品

なし
株式会社フジワラテクノアート

フジワラテクノアートは、2014年に創業80周年という大きな節目を迎えました。醤油、味噌、清酒、焼酎などの醸造分野で、麹づくりの全自動無人化への道を切り開き、国内の製麹分野で約80%のシェアを誇るなど、その卓越した技術力は各方面で高く評価されています。弊社の強みは、オンリーワンの醸造生産技術。伝統食品を支えてきた職人の匠の技を最新の制御技術により知能化し、近代的な自動生産システムを構築できる点です。近年は日本の食文化のグローバル化に伴い、世界20数カ国へ製品を輸出。醸造分野で培ったノウハウを活かし、一般食品機械・バイオ機械の製造への取組みを行うなど、卓越したプラントエンジニアリング力で豊かな食の未来を拓きます。


株式会社フジワラテクノアート

〒701-1133 岡山県岡山市北区富吉2827-3
TEL.086-294-1200(代表) FAX.086-294-1220
http://www.fujiwara-jp.com/