« 検索結果一覧に戻る

製品詳細

醤油 一般食品

焙炒・焙煎・冷却

ロータリー流動焙炒装置


熱風流動で、省エネと高品質を実現


ロータリー流動焙炒装置

■ 製品概要

本装置は、穀物原料の下から熱風を吹き込むことによって穀物を浮き上がらせ、流動化させます。原料は撹拌されながら熱風により急速に加熱され、効率よく省エネルギーかつ衛生的に焙炒されます。しかも全自動で連続運転が可能となりました。開発段階で、加熱温度と加熱時間の関係を徹底的に追求し、コゲ、蛋白質の過変性を起こさず、かつ十分なα化度(糊化度)を達成する最適値を得ました。この最適値の実現は、熱風流動焙炒方式にして初めて可能となりました。また連続焙炒方式であるため、生産性は一段とアップしました。

■ 特徴

1.流動化状態で焙炒するため、原料は均一に加熱され炒りムラがなく品質が一定。焦げの発生がなく原料ロスがない。
2.砂などの熱媒体を使用しないため、原料に異物が混入せず衛生的。後工程の装置が砂等によって痛まず、砂等の回収の手間も不要。
3.連続焙炒による完全自動運転のため生産性が大幅に向上。直接、焙炒温度(熱風温度)を制御しているため、焙炒条件は簡単に設定可能。
4.原料を直接熱風で加熱しかつ熱風は循環方式なので大幅な省エネを実現。
5.断熱を徹底し放熱を抑えたため作業環境が従来方式より大幅に向上。
6.省スペース設計で従来方式よりコンパクト。
7.ガスバーナーの採用で、重油バーナーの様なメンテナンスが不要。寿命は重油バーナーの約2倍。

■ 関連製品

なし
株式会社フジワラテクノアート

フジワラテクノアートは、2014年に創業80周年という大きな節目を迎えました。醤油、味噌、清酒、焼酎などの醸造分野で、麹づくりの全自動無人化への道を切り開き、国内の製麹分野で約80%のシェアを誇るなど、その卓越した技術力は各方面で高く評価されています。弊社の強みは、オンリーワンの醸造生産技術。伝統食品を支えてきた職人の匠の技を最新の制御技術により知能化し、近代的な自動生産システムを構築できる点です。近年は日本の食文化のグローバル化に伴い、世界20数カ国へ製品を輸出。醸造分野で培ったノウハウを活かし、一般食品機械・バイオ機械の製造への取組みを行うなど、卓越したプラントエンジニアリング力で豊かな食の未来を拓きます。


株式会社フジワラテクノアート

〒701-1133 岡山県岡山市北区富吉2827-3
TEL.086-294-1200(代表) FAX.086-294-1220
http://www.fujiwara-jp.com/