沿革

フジワラテクノアートのあゆみ

昭和08年06月
【創業】6月15日
藤原研翁により岡山市富田町に藤原製作所を創立し醸造機械の製造を開始する。
昭和25年01月
法人組織に改組。
藤原醸機株式会社として工場を岡山市中島田町に建設する。
昭和27年02月
藤原醸機産業株式会社と改名する。
醸造機械の他に一般産業機械、食品機械の設計製作を開始する。
昭和31年05月
日本醤油協会の所有するNK式大豆蒸煮缶の指定製造工場となる。

昭和41年10月
岡山県御津郡一宮町へ工場敷地を造成し製缶工場を建設。
大型製缶製品の製造に着手する。
昭和41年11月
ステンレス溶接缶による労働省第一種圧力容器の製造認可。
昭和42年06月
初めて醸造機械の海外輸出を行う(韓国)。
昭和44年08月
一宮工場を増設し、本社工場を移転する。
昭和46年06月
ステンレスクラッド鋼溶接構造の第一種圧力容器製造認可。
高圧ガス圧力容器及びクラッチドア-開閉装置圧力容器の製造認可。
昭和49年11月
第4回「食品産業技術功労賞」受賞(食品産業新聞社)。
会長、勲五等瑞宝章受賞。
56年の多年に亘り、各種醸造機械の研究開発に精励。
昭和50年03月
第5回中小企業向「自動化機械開発賞」受賞(財団法人機械振興協会)。
昭和51年02月
第9回「中小企業研究センター賞」受賞(中小企業研究センター)。
昭和52年06月
キューバ国へ醤油醸造プラント輸出。
「食品冠桂賞」受賞(キューバ)。

昭和55年11月
第10回「食品産業技術功労賞」受賞。
昭和56年10月
中華人民共和国(北京・広州)に日本として初めて醤油醸造プラント輸出し、感謝状を受領。
昭和57年04月
科学技術庁長官「注目発明」受賞。
昭和58年11月
ステンレス溶接缶による労働省第一種圧力容器の製造認可。
昭和60年11月
中小企業事業団より「未利用蛋白の利用開発について」感謝状受領。
昭和62年01月
「産業功労賞」受賞(山陽新聞社)。
昭和62年11月
「回転式自動製麴装置」で「発明奨励賞」受賞(社団法人発明協会)。
米蛋白調味料の製造技術開発。
平成01年09月
全国醸造機器工業組合理事長に藤原章夫社長就任。
平成03年04月
科学技術庁長官「科学技術振興功績者賞」藤原章夫社長受賞。
平成03年09月
岡山県より三木記念助成金受賞。
平成05年03月
株式会社フジワラテクノアートに社名変更。
平成05年05月
藤原章夫社長 勲五等双光旭日章受賞。
平成05年10月
日本食糧新聞社より「食品産業功労賞」藤原章夫社長受賞。
平成06年01月
岡山空港工業団地に工場棟竣工する。
平成06年02月
藤原章夫 会長就任、藤原善也 社長就任。
平成07年02月
本社事務所棟・開発棟竣工する。
平成07年03月
本社を富吉におき、全面移転を行う。
平成08年10月
「さな板付浸漬タンク」が社団法人発明協会より「発明奨励賞」受賞。
平成09年10月
「スチールベルト式蒸煮装置」が社団法人発明協会より「発明奨励賞」受賞。
平成11年02月
ISO9001認証取得(JAB、UKASに登録)。
平成12年08月
「自動製麴装置」がヨーロッパ向けCEマーク取得。
平成12年11月
この百年間で食品業界の発展に著しい功績を挙げたことで日本食糧新聞社より「二十世紀食品産業発展賞」受賞。
平成12年12月
「完全無通風自動製麴装置」が食品産業新聞社より第30回「食品産業技術功労賞」受賞。
平成13年01月
藤原恵子社長就任。
平成14年12月
「アップワード方式連続冷却装置」が食品産業新聞社より第32回「食品産業技術功労賞」受賞。
平成15年06月
創業70周年を迎える。
平成16年02月
「完全無通風自動製麴装置」が機械振興協会より第1回「新機械振興賞」受賞。
平成16年09月
「完全無通風自動製麴装置」が日本食糧新聞社より第7回「日食優秀機械・資材賞」受賞。
平成16年12月
「高層堆積式回転円盤自動製麴装置」が食品産業新聞社より第34回「食品産業技術功労賞」受賞。
平成17年11月
平成17年度「岡山・わが社の技」県知事賞受賞。
「改良型F型諸味圧搾装置」が食品産業新聞社より第35回「食品産業技術功労賞」受賞。
平成18年11月
「回転式自動洗米浸漬装置」が食品産業新聞社より第36回「食品産業技術功労賞」受賞。
平成19年05月
経済産業省・中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社2007年版」に選定。
平成19年09月
全国醸造機器工業組合理事長に藤原恵子社長就任。
平成20年06月
創業75周年を迎える。
平成20年11月
「粉体種麴供給装置」が食品産業新聞社より第38回「食品産業技術功労賞」受賞。
平成21年02月
「岡山県文化奨励賞」受賞。
平成21年04月
政令指定都市への移行に伴い、本店住居表示が岡山県岡山市富吉2827-3から岡山県岡山市北区富吉2827-3に変更。
平成21年06月
日本設備管理学会「ものづくり大賞」を受賞。
平成21年12月
「醤油製造用連続蒸煮システム」が食品産業新聞社より第39回「食品産業技術功労賞」受賞。
平成22年10月
「醸造業界における技術革新と品質向上に貢献」として食品産業新聞社より第40回「食品産業技術功労賞特別賞」受賞。
平成23年08月
上海に全額出資の現地法人、藤原醸造設備(上海)有限公司を設立。
平成24年10月
珪藻土濾過装置(サニフィルター)が、食品産業新聞社より第42回食品産業技術功労賞を受賞。
平成25年06月
創業80周年を迎える。
平成26年04月
粉体殺菌装置(ソニックステラ)が、第26回「中小企業優秀新技術・新製品賞」優良賞受賞。
平成27年11月
産学連携で取り組む「機能性飼料の開発」が経済産業省の「戦略的基盤技術高度化事業」に採択された。
平成28年01月
「おかやま子育て応援宣言企業」岡山県知事賞受賞。

株式会社フジワラテクノアート

フジワラテクノアートは、醤油、味噌、清酒、焼酎などの醸造分野で、醸造機械のパイオニア企業として麴づくりの全自動無人化への道を切り開きました。以来、そのオンリーワンの技術力が高く評価され、国内において製麴能力で約80%のシェアを占めるに至っています。
日本の食文化のグローバル化に伴い、世界20数カ国へ製品を輸出。さらに、醸造分野で培ったノウハウを活かし、濾過・粉体殺菌機械を開発。一般食品業界やバイオ業界への取組みを行うなど、卓越したプラントエンジニアリング力で豊かな食の未来を拓きます。