Fujiwaraの福利厚生

個の成長と組織の結束を高めます

社員同士の交流の場

仕事を離れた場での交流により社員間の結束も高まり、会社では聞くことのできない社員の想いも聞くことのできる社員にとっても会社にとっても大切なイベントです。年1度の社員旅行、社員の家族を招いて行う「わくわく祭り」、大忘年会など、社員同志の交流の場を多く設けています。

社員の健康は会社の健康につながる

仕事と育児が両立できる環境の整備
社内環境整備に係る研修の実施、妊娠中の社員専用の駐車場の設置等、社員の出産・育休をサポート。
女性社員の育休取得率は100%を達成。男性社員についても、保育園の送迎や学校行事への参加を会社として奨励しています。


働き方の見直しによる仕事と生活の調和
毎週木曜日をノー残業デーに設定するなど時間外労働の削減を図るほか、3日間連続休暇制度を定め、休暇の取得促進に努めています。


若者の就労支援
小学生の社会見学、中学生の職場体験、高校・大学生のインターンシップを積極的に受け入れています。


地域における子育て支援
子どもたちが安全に登校できるよう、工場周辺の通学路の清掃活動を行っています。


その他、フジワラテクノアートの福利厚生制度
<休暇制度>

■週休2日制(土・日・祝)
■休日:会社の定めたカレンダーによる(年間休日120日※2019年)
    ※リフレッシュ休暇3日含む
■有給休暇:20日(初年度10日)
■リフレッシュ休暇:3日(好きなタイミングで取得可能)

<待遇・福利厚生・社内制度>
■保険:社会保険完備
 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
■財産形成年金基金、退職金制度(勤続3年以上)、財形貯蓄制度
■育児・介護
・時短勤務制度(育児・介護)…育児については小学校卒業まで。
・育児休業制度…1歳まで。特別な事情があれば2歳まで。
・看護休暇制度…(5日/年)は小学校を卒業するまで取得可能(有給休暇とは別に)
・介護休業制度…対象家族1人につき通算93日まで、3回を上限として。
・介護休暇(5日/年)を取得可能(有給休暇とは別に)
・企業主導型保育園と提携
■イベント
・社員旅行
・社員感謝イベント(わくわく祭り)
・忘年会
■その他
・奨学金返還支援制度(上限15,000円/月、入社後6年間)
・社員食堂(栄養バランス満点の昼食を1食350円)
・資格取得支援制度(資格報奨金)


フジワラテクノアートは、醤油、味噌、清酒、焼酎などの醸造分野で、醸造機械のパイオニア企業として麴づくりの全自動無人化への道を切り開きました。以来、そのオンリーワンの技術力が高く評価され、国内において製麴能力で約80%のシェアを占めるに至っています。
日本の食文化のグローバル化に伴い、世界20数カ国へ製品を輸出。さらに、醸造分野で培ったノウハウを活かし、濾過・粉体殺菌機械を開発。一般食品業界やバイオ業界への取組みを行うなど、卓越したプラントエンジニアリング力で豊かな食の未来を拓きます。